ご利用は計画的に

「ご利用は計画的に」

キャッシングサービスでよく用いられる言葉ですが、お金を計画的に利用出来ているならそもそもキャッシングなんかしない…という皮肉を言う方も多くいらっしゃいます。確かにそれも一理あるとは思いますが、自分のお金は計画的に利用しなくても誰にも迷惑は掛からないので特に問題はありませんが、借りたお金は、やっぱり借りたものであることは間違いないので計画的に利用することが重要となってきます。

キャッシングも最初のうちは計画的に利用しようと思われる方が多いようですが、利用していくうちにお金を借りているという感覚がどんどんマヒしてしまい、気が付いたら利用限度額いっぱいを借りてしまっていた…というケースも少なくありません。

計画に利用するのにまず大切なのは、キャッシングで得たお金を何に利用するかというのが重要になってくると思います。生活費であれば何にいくら必要なのかというのは大体計算が出来ると思いますし、ローンの返済など毎月の支払い必要なお金であれば返済金額は明確になっていると思います。

問題なのが、ギャンブルや贅沢品、嗜好品などで浪費してしまうことです。
これについては限度額がありませんから、個人の欲求との関わり方になってきます。
この欲求を満たす為にキャッシングをしてしまうと、大変危険な状況に陥ってしまいますので、出来る限りそういう行為にキャッシングのお金は使わないようにしましょう。

あくまでご利用は計画的に、必要な分だけをキャッシングする。

このことを守り、収支のバランスさえしっかりと取れてしれば、特に面倒なお金の管理をしなくてもキャッシングの返済に困るということはほとんどないと思います。

キャッシングも使い方次第で非常に便利なサービスにもなりますし、非常に危険なサービスにもなります。
あくまで借りているお金だということを忘れずに利用するようにすることが大切です。

金利の計算方法を教えます。

キャッシングを安心して利用する第一歩として、やはり金利の計算は出来るようになっておいた方が良いと言えると思います。3万円を30日後に返済したらどれくらいの金利がかかるのか…ピッタリまでとはいかないまでも、なんとなくイメージ出来るだけで計画的に利用しようという意識付けが自分に出来ると思います。ですので金利計算はしっかりと覚えておきましょう。

金利計算の数式は以下になります。

金利 = 借入金額 × 年利 ÷ 365 × 利用日数
では実際に数式に数字を当てはめてみましょう。

先ほど例で挙げた通り、3万円を30日間キャッシングをしたとします。
また、金利ですが、3万円借りた時の年利は大体18%が相場ですから18%とします。

ではこれを数式にあてはめましょう。

金利 = 3万円 × 18% ÷ 365 × 30

という感じになります。

これを実際に計算してみると…

443円 = 3万円 × 18% ÷ 365 × 30

ということになります。
数式で見るとちょっと面倒な感じがしますが、
考え方としては、借りた金額を18%で割ります。

割って出た数字が一年間借りた場合の利息ということになります。
それを、1年間の日数…すなわち365日で割り、それを借りた日数分掛ければ答えが出るということですね!

携帯電話についている電卓で簡単に計算が出来ますので、計算式は覚えておくようにしましょう。

また、数式を見れば分かると思いますが、利用日数が増えれば増えるほど金利も大きくなります。このことをよく意識し、キャッシングしたお金は出来るだけ早く返済するのも賢い利用方法だといえると思います。

キャッシングした瞬間に考えること

今日はキャッシングをする時の考え方のコツとして、キャッシングをした瞬間に考えることを伝授したいと思います。

あなたは「キャッシングをした瞬間に考えること」と聞いて何を思い浮かべますか?

何も思い浮かべない、よくわからない、そもそもどういう意味か分からない…色々なご意見があるかと思います。

では答えをお教えしましょう。

例えば、キャッシングで1万円を借りたとしましょう。
あなたはATMなどから1万円を受け取るわけですが、そのキャッシングした1万円を返済する際には利息分を乗せて支払わなければなりません。

※30日間無利息サービスなどを行っている消費者金融もありますが、ここではそれは考えないで下さい。

しかし、支払うのは後のことですし、銀行口座から引き落としとなると金利分を支払ったという感覚はほぼ無いに等しいと言えます。

そこで、キャッシングをした瞬間にこう考えて下さい。

「金利分を引いたお金を今受け取っている」

ということを。

仮に金利が500円だったとしましょう。

とすると、キャッシング時にあなたが受け取ったお金は1万円ではなく9500円ということです。
9500円を借りたのに1万円を返済しないといけないと考えて下さい。

このイメージがあるかないかで、キャッシングに対するお金の考え方が全く違うものになります。

ご利用は計画的に…とよく言いますが、計画的にというのもなかなか難しいことです。
今言ったことをイメージする方がよっぽど簡単だと思います。

このイメージが出来る人はキャッシングで借金に困るということは起こりにくいと言えると思います。キャッシングの瞬間に金利分が引かれていることをしっかりとイメージするようにしましょう。

キャッシングはあなたの味方です。

今、お金に困っていませんか?
もしもお金に困っているのであればキャッシングをするというのはどうでしょうか?

通常、キャッシングをするというのは良いイメージを抱けない方の方が多いと思います。ですが実は、最近ではキャッシングを利用する人は非常に増えていて、何が起こるか分からない不測の事態に備えていつでも借入が出来る準備を整えていることは当たり前の時代になっていたりします。

その背景にあるものといえば、やはり近年まで続いた不況であり、経済が回復傾向にあるとはいえ、まだまだその豊かさが実感出来ない最近の日本の経済状況にあるのだと思います。

しっかりと仕事をしていて、借金が無く、家庭もあって、幸せに生活している一般のサラリーマン家庭でもいつ何時何が起こるか分からない時代です。

病気になったり、交通事故にあったり、犯罪巻き込まれたり…。

そんなことを考えたらキリが無いと思われるかもしれませんが、そういう事を考えなければいけない時代に生きているということを私達は理解しなければいけないのだと思います。日本もグローバル化が進んでいます。世界情勢が食卓を直撃する時代が来るのも遠い未来ではないかもしれません。

これまでの日本は経済的にとても豊かであり、もちろん今も世界レベルで考えれば豊であることは間違いありませんが、中国にGDPを超されたように、途上国と呼ばれる国はどんどん力を付けています。今、無難な生活を送れているからといって、未来も安心であるとは限らない時代なんです。

それとキャッシングがどう関係があるんだと思われるかもしれませんね。

こんな時代だからこそ、何が起こるか分からない将来に備え、お金を確保する術を知っておくのは当然のことと思いませんか?

会社を解雇され、お金が無くなってからでは契約は難しくなってしまいます。

安定した生活を送っている今こそ、保険の為に契約をしておく。
これが今を生きる考え方の一つかもしれません。

このサイトでは、キャッシングをするための道しるべとして、契約方法やキャッシングについての知識は勿論、なぜ今キャッシングが注目されているのかなどのトレンドな内容なども盛り込みながら、お読み頂く皆様に情報をご提供していこうと思っています。

キャッシングを利用とされている方は勿論、これまでキャッシングとは無縁だった方もこのサイトでキャッシングの必要性を分かってもらえたらと思います。