給料日前にお金が無い…キャッシングを利用しよう!

毎月25日になると銀行ATMには長蛇の列が出来ますよね。
中には支払いなどをされている方もいて行列に拍車をかけている光景もよく見られます。

…ということは、みんな給料日になると支払いやなんだで、
給料が入った途端にお金が失っているということになりますよね。

日本は昔に比べてクレジットカードの文化が根付いてきていますし、
今では若い人もクレジットカードを利用しているのをよく見掛けます。

クレジットカードは支払いが月末や月の10日や20日など支払日は様々ですが、多くの場合は給料日直後に支払う方式を取られているようです。

給料日に銀行ATMに並んでいる方はキャッシングを利用している可能性が高いという風にも見ることが出来ますよね。

給料が入ったからキャッシング分を返済しているという人もきっと多いはずです。
キャッシングは早く返せば返すほど金利も安くなりますからね。

これまでキャッシングの利用に抵抗感があった方は安心してキャッシングを利用しても良いと思いますよ!給料日の銀行ATMの光景を見る限り、多くの方がクレジットカードやキャッシングを利用しているということが分かりますからね。

結局みんな借金をしながら日々の生活を生きているんですよね。
何を話しているのか分からなくなってきたので今日はこの辺にしておきます。

キャッシング情報は以下のサイトをご参考下さい!
今おすすめのキャッシング情報がズラリ!
お得なキャッシングサービスも分かりやすく解説されているのでキャッシングをご利用されたい方におすすめですよ!

即日融資※来店不要の即日キャッシング、在籍確認なしはある?(http://www.holland-expo2010.com/

キャッシングの在籍確認が不安な方へ

キャッシングの利用で何気に不安になるのが契約時の在籍確認ではないでしょうか?
勤務先の会社へ連絡が入り在籍を確認するというのは、キャッシングのお金を借りるという性質上あまり良いものではありませんよね?その在籍確認が不安となってキャッシングの契約を躊躇っているのであれば、是非今回の記事をお読み頂ければと思います。

在籍確認というのは、審査のお申し込みの際に記載した勤務先、もしくはアルバイトやパート先に本当に在籍しているかどうかを確認するものになります。ですので、その確認と行うというのは必ず必要であり、それをしないとキャッシングの利用をすることは実質不可能です。

しかし、在籍確認の方法は会社に電話連絡をする以外にもあります。
その方法とは、会社から渡される社員証であったり、会社名が記載された源泉徴収票なんかもそれにあたると思います。但し、キャッシング会社はその点については大々的に告知は行っていませんので、お申し込み時に確認すると良いと思います。

また、通常の在籍確認では会社連絡の際に個人名を使って電話連絡をするのですが、その個人名を指定することも出来るようです。その点もお申し込み時に確認するようにしてみて下さい。電話連絡しか在籍確認が出来ないというキャッシング会社でも、それで出来るところが多いようなのでこの方法は使えると思います。

キャッシングの審査はなぜか固いイメージがある為に、こちらも言う通りにしなければならないような気がしますが実はそんなことはないんですね。自分の言う通りに出来る場合もありますので気になる点は逐一確認してみましょう。

返済も便利なキャッシング

クレジットカードが利用できるところはたくさんありますが、まだまだクレジットカードが利用できないところもあります。
例えば、旅行費用などは高額になりがちなのに、クレジットカードが利用できないところが多いことをご存知でしょうか。
まとまったお金が必要なのに、クレジットカードが利用できない時は、キャッシングを利用すると便利です。
クレジットカードが利用できないところでも、さっとお金を借りて支払うことができます。
新たに申し込まれるのであれば、金利などの条件を比較するのも大切ですが、ぜひ返済のしやすさでも比べてみてください。
キャッシングは気軽に利用できるといっても、お金を借りているということに変わりはありません。
借金をしたなら、次は返済をしなければならないのは当然です。
できれば、繰上げ返済などで早く返済をしてしまったほうが、金利の支払いも少なくなりますからトータルでの負担も少なくなります。
利用する前にぜひ比較しておきたいのが、どこで返済することができるのかということです。
申込みは、パソコンやスマホ、タブレット端末を使えば、全国どこからでも申込むことができます。
ところが、返済をするには、店頭か提携ATMやCDなどを利用することになります。
近くに提携ATMなどがあれば良いのですが、田舎ではまったくそういったところがないというところもあります。
返済のために自動車で最寄の提携ATMなどに行っていては、ガソリン代がどれほどかかるかわかりません。
ですから、ラクに返済できるかどうかをぜひ比べてみましょう。

キャッシングは早く返すことが大切です

キャッシングを利用するようになって慣れてくると、返済しようという意識よりも強くなってくるのが借入残高はあといくら残っているかだと思います。借入残高とはその人がキャッシングで利用出来る限度額のことで、学生なら10万円とか、サラリーマンなら50万円や100万円などその人の収入によって決められるものです。総量規制という決まりにより年収の1/3までしか借りることが出来ないというものですが、健全なキャッシングライフを送っている方はこの借入限度額というものをそこまで意識していません。というのは、この借入限度額を意識するようになっているということは、同時に収支のバランスが崩れてしまっているということが言えるからです。

収支のバランスを崩さない為には、キャッシングを利用したらすぐに返済するということを心掛ける、意識する必要があると言えるでしょう。例えば、3万円を借りたらその3万円を返す前に次の借入をしないようにすることが大切です。3万円を借り、その3万円を返済する前にまた3万円を借りてしまうとどんどん借入額が増えていき返済がどんどん苦しくなってしまいます。

このようなことが起こらないよう、借入を連続しないよう借入をしたら返済するようにしましょう。当ブログ、「安心してキャッシングするための道しるべ」としては、借りたお金はすぐに返済するということをお勧めしています。あくまでお金が必要な時に利用し、お金がある時は返済するというバランスを保ち、ストレスの無い生活を送ることが安心出来るキャッシングライフを送る重要な要素と言えると思います。

キャッシングのご利用は計画的に…の計画的とは

よくキャッシングのコマーシャルなどで言われることですが、「ご利用は計画的に」という言葉が使われます。計画的にお金を使う…ということは、何となく意味は分かると思いますが、ではそれを具体的に説明をして下さいと言われたらどれだけの方が簡潔に説明をすることが出来るでしょうか。

今日は、ご利用は計画的にの計画的というものを具体的にどうすれば良いのかを、当サイトの独自の考え方ではありますが、アドバイスも兼ねてお届けしていこうと思います。

まず、「ご利用は計画的に」という言葉だけを見ると、利用する時にだけ計画を立てて行えばよいように思うかもしれませんが、利用する時に計画を立てるだけではまだまだ半分しか計画が足りません。当然、返済する時の計画も立てなければいけません。お金を借りたときというのはどう利用するかばかりを考えてしまいがちですが、ここは一旦冷静になり、返済計画も同時に立てるようにしましょう。

利用する金額が大きければ大きいほど返済計画は綿密に立てなければいけません。なぜなら、それだけ長期に渡って返済をしていかなければなりませんから、自分の仕事なども加味して返済プランを立てなければならないと言えますよね。

お金を借りるということは借金をするということですから、例え小額でも楽観視することなく借りたお金を出来るだけ早く返済するよう心掛けながら借りるようにしましょう。それが「ご利用は計画的に」の本質的な部分であると当サイトは解釈します。

間違っても無計画に利用することだけはしないようにしましょう。
しっかりと計画を立てながら利用することがキャッシングにおいては非常に重要と言えます。

ちょっとした意識で出来ることですので意識するようにしましょう。

利用法さえ間違えなければキャッシングは本当に便利

最近思ったことがあります。
それは、キャッシングと聞いただけで顔をしかめてしまう人がいるということです。お金を借りるということに対して抵抗感があるというのは、決して悪いことではありませんが、考え方によっては決して悪いことではないということです。

例えば、起業する人だったり、会社を経営している人のほとんどは資金確保の為に銀行から借入を行います。会社が銀行からお金を借りるのと、人が消費者金融からお金を借りるのとでは意味が違うという人もいますが、果たしてそうでしょうか。

確かに、借りたお金の使い方次第ではそう言える場合もあります。
ギャンブルなどに費やすお金を借りるという考えであれば、それでお金を借りるというのは確かに良いこととは言えません。しかし、それが自分への投資の為だったり、何かをはじめるのに必要なお金を確保する意味での借入だったとしたら、それは個人の借入であっても会社が銀行から借入するのと同じような意味を持つと思います。

お金を借りる…というイメージで悪いことを想像してしまう人が多いことに私は少し驚きました。もう少しキャッシングをするということを肯定的に捉えることは出来ないものかと思うんです。

利用法さえ間違えなければキャッシングは非常に便利なサービスだと思います。生活が苦しくてキャッシングをするというのも良い方法だと思います。大切なのは、なぜ生活が苦しくなっているのかを見極めることなのではないでしょうか。お金を借りること自体は決して悪いことではないということを理解して欲しいのです。

安易にキャッシングに良いイメージを持っていないだけで、お金を借りるに時間やチャンスを無駄にしているのであればそれは考え直すべきだと思います。

キャッシングに対する考え方をもう少し違う角度から考えることも重要なのではないでしょうか。

今日中に借り入れ出来る即日融資のキャッシング

コンビニATM、コールセンター、オンラインバンキング、またはアプリなどの様々な方法でキャッシングが可能な今の時代です。
どこの業者も即日融資という広告を見かけるのが増えてきましたが、一体どれくらいの時間で借り入れ出来ることを指すのでしょうか。
人によっては受け取り方がバラバラかと思いますが、もし申し込みをするなら、実際にどれくらいの時間で借り入れが出来るのか正確な内容を確認しましょう。
申し込みをしてカードを発行した後に、実は二三日かかります、1週間かかりますという話しになってしまうと、急なお金の準備に対応出来なくなります。
業者によってはサービス内容もとらえ方も違いますので、きちんと説明を受けたり概要や注意事項を確認して手続きをしてを進めていきましょう。
一般的には審査が通って借り入れの手配をしてから当日中かまたは翌日に指定口座に振り込みされるのがほとんどです。
しかし中には平日営業をメインに行っているため、土日に借り入れをしようとしても、翌営業日の平日に振り込みされる場合があるかもしれません。
曜日だけではなく、手続きをした時間帯によっても変わります。
例えば銀行の窓口で何らかの振り込みの手配当日をした場合、夕方になると翌営業日の分として対応しますよね。
それは消費者金融でも同じ場合があります。
もし平日や土日問わずにキャッシングをしたいと考えているなら、土日も対応してくれる消費者金融だと即日での融資が受けられるでしょう。

即日中に借りられるキャッシングの特徴

キャッシングには即日で借りられるものが多いです。
消費者金融のほか、銀行でも即日対応が基本となっており、ネット契約をすれば申込から数時間で借りられるケースも少なくありません。
金利に関しては、昔は審査・融資に時間がかかるローンほど高かったものですが、今はスピード融資タイプでも金利はまったく同じです。
昔はスピード融資の条件として高金利を設定していたのですが、今は金利を高くすると借りる人がいないのです。
インターネットが普及して、簡単にネット比較ができる現代では、少しでも不利な条件があれば借りてくれる人はいません。
お金を借りるまでのスピード、金利、限度額など、あらゆることで比較できるのです。
限度額についても、即日対応だから低くなるということはありません。
ただし、振込に対応してくれる金額については、やや低くなると考えていいでしょう。
カード、窓口での融資の場合においては、50万円を貸してくれるような場合でも、振込だと10万円程度を上限とする業者は多いです。
振込融資の場合、あくまで簡易融資として扱われるので、大口の借入れには対応していないのです。
キャッシングを素早く利用したい方は、審査に1回で通るための工夫が必要です。
融資までに時間がかかる一番の理由は、審査に時間がかかることにあります。
審査さえスムーズに通過すれば、その後の融資までの手続きも迅速となります。
すぐにお金を借りたい方ほど、無理な希望額を設定せずに、1回で審査に通過することが重要なのです。

ご利用は計画的に

「ご利用は計画的に」

キャッシングサービスでよく用いられる言葉ですが、お金を計画的に利用出来ているならそもそもキャッシングなんかしない…という皮肉を言う方も多くいらっしゃいます。確かにそれも一理あるとは思いますが、自分のお金は計画的に利用しなくても誰にも迷惑は掛からないので特に問題はありませんが、借りたお金は、やっぱり借りたものであることは間違いないので計画的に利用することが重要となってきます。

キャッシングも最初のうちは計画的に利用しようと思われる方が多いようですが、利用していくうちにお金を借りているという感覚がどんどんマヒしてしまい、気が付いたら利用限度額いっぱいを借りてしまっていた…というケースも少なくありません。

計画に利用するのにまず大切なのは、キャッシングで得たお金を何に利用するかというのが重要になってくると思います。生活費であれば何にいくら必要なのかというのは大体計算が出来ると思いますし、ローンの返済など毎月の支払い必要なお金であれば返済金額は明確になっていると思います。

問題なのが、ギャンブルや贅沢品、嗜好品などで浪費してしまうことです。
これについては限度額がありませんから、個人の欲求との関わり方になってきます。
この欲求を満たす為にキャッシングをしてしまうと、大変危険な状況に陥ってしまいますので、出来る限りそういう行為にキャッシングのお金は使わないようにしましょう。

あくまでご利用は計画的に、必要な分だけをキャッシングする。

このことを守り、収支のバランスさえしっかりと取れてしれば、特に面倒なお金の管理をしなくてもキャッシングの返済に困るということはほとんどないと思います。

キャッシングも使い方次第で非常に便利なサービスにもなりますし、非常に危険なサービスにもなります。
あくまで借りているお金だということを忘れずに利用するようにすることが大切です。

金利の計算方法を教えます。

キャッシングを安心して利用する第一歩として、やはり金利の計算は出来るようになっておいた方が良いと言えると思います。3万円を30日後に返済したらどれくらいの金利がかかるのか…ピッタリまでとはいかないまでも、なんとなくイメージ出来るだけで計画的に利用しようという意識付けが自分に出来ると思います。ですので金利計算はしっかりと覚えておきましょう。

金利計算の数式は以下になります。

金利 = 借入金額 × 年利 ÷ 365 × 利用日数
では実際に数式に数字を当てはめてみましょう。

先ほど例で挙げた通り、3万円を30日間キャッシングをしたとします。
また、金利ですが、3万円借りた時の年利は大体18%が相場ですから18%とします。

ではこれを数式にあてはめましょう。

金利 = 3万円 × 18% ÷ 365 × 30

という感じになります。

これを実際に計算してみると…

443円 = 3万円 × 18% ÷ 365 × 30

ということになります。
数式で見るとちょっと面倒な感じがしますが、
考え方としては、借りた金額を18%で割ります。

割って出た数字が一年間借りた場合の利息ということになります。
それを、1年間の日数…すなわち365日で割り、それを借りた日数分掛ければ答えが出るということですね!

携帯電話についている電卓で簡単に計算が出来ますので、計算式は覚えておくようにしましょう。

また、数式を見れば分かると思いますが、利用日数が増えれば増えるほど金利も大きくなります。このことをよく意識し、キャッシングしたお金は出来るだけ早く返済するのも賢い利用方法だといえると思います。

キャッシングした瞬間に考えること

今日はキャッシングをする時の考え方のコツとして、キャッシングをした瞬間に考えることを伝授したいと思います。

あなたは「キャッシングをした瞬間に考えること」と聞いて何を思い浮かべますか?

何も思い浮かべない、よくわからない、そもそもどういう意味か分からない…色々なご意見があるかと思います。

では答えをお教えしましょう。

例えば、キャッシングで1万円を借りたとしましょう。
あなたはATMなどから1万円を受け取るわけですが、そのキャッシングした1万円を返済する際には利息分を乗せて支払わなければなりません。

※30日間無利息サービスなどを行っている消費者金融もありますが、ここではそれは考えないで下さい。

しかし、支払うのは後のことですし、銀行口座から引き落としとなると金利分を支払ったという感覚はほぼ無いに等しいと言えます。

そこで、キャッシングをした瞬間にこう考えて下さい。

「金利分を引いたお金を今受け取っている」

ということを。

仮に金利が500円だったとしましょう。

とすると、キャッシング時にあなたが受け取ったお金は1万円ではなく9500円ということです。
9500円を借りたのに1万円を返済しないといけないと考えて下さい。

このイメージがあるかないかで、キャッシングに対するお金の考え方が全く違うものになります。

ご利用は計画的に…とよく言いますが、計画的にというのもなかなか難しいことです。
今言ったことをイメージする方がよっぽど簡単だと思います。

このイメージが出来る人はキャッシングで借金に困るということは起こりにくいと言えると思います。キャッシングの瞬間に金利分が引かれていることをしっかりとイメージするようにしましょう。

キャッシングはあなたの味方です。

今、お金に困っていませんか?
もしもお金に困っているのであればキャッシングをするというのはどうでしょうか?

通常、キャッシングをするというのは良いイメージを抱けない方の方が多いと思います。ですが実は、最近ではキャッシングを利用する人は非常に増えていて、何が起こるか分からない不測の事態に備えていつでも借入が出来る準備を整えていることは当たり前の時代になっていたりします。

その背景にあるものといえば、やはり近年まで続いた不況であり、経済が回復傾向にあるとはいえ、まだまだその豊かさが実感出来ない最近の日本の経済状況にあるのだと思います。

しっかりと仕事をしていて、借金が無く、家庭もあって、幸せに生活している一般のサラリーマン家庭でもいつ何時何が起こるか分からない時代です。

病気になったり、交通事故にあったり、犯罪巻き込まれたり…。

そんなことを考えたらキリが無いと思われるかもしれませんが、そういう事を考えなければいけない時代に生きているということを私達は理解しなければいけないのだと思います。日本もグローバル化が進んでいます。世界情勢が食卓を直撃する時代が来るのも遠い未来ではないかもしれません。

これまでの日本は経済的にとても豊かであり、もちろん今も世界レベルで考えれば豊であることは間違いありませんが、中国にGDPを超されたように、途上国と呼ばれる国はどんどん力を付けています。今、無難な生活を送れているからといって、未来も安心であるとは限らない時代なんです。

それとキャッシングがどう関係があるんだと思われるかもしれませんね。

こんな時代だからこそ、何が起こるか分からない将来に備え、お金を確保する術を知っておくのは当然のことと思いませんか?

会社を解雇され、お金が無くなってからでは契約は難しくなってしまいます。

安定した生活を送っている今こそ、保険の為に契約をしておく。
これが今を生きる考え方の一つかもしれません。

このサイトでは、キャッシングをするための道しるべとして、契約方法やキャッシングについての知識は勿論、なぜ今キャッシングが注目されているのかなどのトレンドな内容なども盛り込みながら、お読み頂く皆様に情報をご提供していこうと思っています。

キャッシングを利用とされている方は勿論、これまでキャッシングとは無縁だった方もこのサイトでキャッシングの必要性を分かってもらえたらと思います。